サムスン電機、主基板事業をベトナムに移管

サムスングループの電子部品メーカー、サムスン電機が、釜山にあるスマートフォン用マザーボード(主基板)の生産ラインをベトナムに移管させていることが分かった。生産コストを抑えて、収益率を高めたい考えだ。 同社の広報担当者はNNAの取材に「段階的に設備を移している」…

関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:つまみ食い成功――。顧…(11/20)

低い生産性、タイに追いつけ 経営改革へ「日本式」伝搬(上)(11/20)

ネット消費が実店舗を浸食 早朝宅配の普及、小売りに打撃(11/20)

上場企業の業績、7~9月期に底入れか(11/20)

精米輸出大手、韓国系とパーム糖の加工工場(11/20)

LGU+、5Gコンテンツなどに大規模投資(11/20)

サムスン電子系列、インド法人を相次ぎ設立(11/20)

中小造船、売却・統廃合が本格化か(11/20)

ハンファ、米GEに航空機エンジン部品供給(11/20)

エスティ・ローダー、韓国の化粧品買収(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン