WTOルール逸脱との指摘も、日米協定の関税で

【共同】7日(日本時間8日)に日米が署名した貿易協定を巡り、関税撤廃率90%を目安とする世界貿易機関(WTO)のルールから逸脱しているとの声が出ている。日本政府が公表した撤廃率には、継続協議となり動向が不透明な自動車や関連部品が含まれており、実態を表していないた…

関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

責任、持続性ある投資が必要 スー・チー氏が日本企業に要望(10/22)

JOGMEC、南部で鉱物資源の探査実施へ(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

日野自、小型バスの試験運行 公共交通向けの需要取り込みへ(10/22)

首相が即位礼外交、スー・チー氏らと会談(10/22)

手放し支える3D地図、車各社が共同出資で開発(10/22)

一帯一路でマの重要性増、MUFGセミナー(10/22)

S&Pが日産を格下げ方向、事業環境悪化で(10/22)

スバル、ハノイなど3省市にディーラー店(10/22)

食用藻のタベルモ、ブルネイに工場設置(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン