二輪カルテル、消費者が日系2社に損賠訴訟

ヤマハ発動機とホンダのインドネシア二輪子会社が、スクーターの販売価格をめぐりカルテルを結んだと認定された問題で、消費者が両社と事業競争監視委員会(KPPU)を相手に、計575億ルピア(約4億3,700万円)の損害賠償を求めて提訴した。2014年に両社のスクーターを購入した…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:首都ジャカルタの都市高…(10/22)

最大野党の党首が政権入りか ゴジェック創業者も初入閣へ(10/22)

ホンダ二輪現法、9月の完成車輸出3.4万台(10/22)

インドのM&M、ピックアップで市場参入(10/22)

首都の道路料金徴収システム、来年導入へ(10/22)

国営4社、ラオス―ベトナムの鉄道建設へ(10/22)

国営電力、パプア3カ所で再生エネ発電(10/22)

繊維業界、中国などからの古着輸入禁止要請(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン