• 印刷する

テイクオフ:ドゥテルテ大統領ほど評…

ドゥテルテ大統領ほど評価が分かれる指導者はいないかもしれない。麻薬戦争で国際的な非難を浴び、マニラ首都圏の抗議活動では本人に似せた人形が燃やされる。一方、大統領の故郷・ダバオ市では「正義感の塊」「弱者の味方」といった賞賛の声を聞くことが多い。

「昔は路上で死体を見ることも珍しくなかった」と語るのは、同市に住む20代の女性。ドゥテルテ氏がダバオ市長になってから、治安が大幅に改善したことを体感している。「大統領になっても庶民の間に分け入る姿は変わらない」と話す男性も。市長時代にお世話になったからと、一市民の葬儀に、ヘリコプターで駆け付けた姿に感動したそうだ。

先日発表された大統領支持率は全国で78%だったが、ミンダナオは92%と驚異的。数字の裏にある人の記憶や思想を前に、国民感情とは一筋縄にはいかない複雑なものだと感じた。(西)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「確かここにあったはず…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

中国化進む全国送電社 安全保障にリスク、配当金も滞納(10/22)

渦潮電気、電動三輪3千台の納車完了(10/22)

韓国とのFTA交渉妥結、来年に持ち越しか(10/22)

中国経済の減速、電子製品輸出の成長に影響(10/22)

首都圏の地下鉄、路線に変更なし=運輸相(10/22)

デジタルワレット、送金事業に参入(10/22)

大統領府、試用期間延長の法案に反対(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン