【為替マーケット分析】一喜一憂、一進一退

■これまでの動き シドニー勢不在の週明け7日、「中国は米国との議論の範囲狭める意向、今週の貿易協議で」との報道が、米国が求める幅広い通商協定合意に対して中国が消極的であるとの印象を与え、豪ドルは0.6747米ドルまで一旦急落。その後、中国商務省による「中国は米国と合…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:アフリカ豚コレラの取材…(11/18)

AIの経済効果、豪に3150億$ 医療・農業の生産性を向上(11/18)

自動化で職失う?55歳以上の約半数が不安視(11/18)

豪ライオン、来年にも純排出量ゼロへ(11/18)

スウェーデン中銀、気候変動政策で豪債売却(11/18)

〔オセアニアン事件簿〕NTで警官が先住民射殺、抗議デモも(11/18)

豪財相、減税第2段階前倒しの可能性を示唆(11/18)

ATO、SCなどの社員駐車場利用に課税か(11/18)

〔オセアニアン事件簿〕NSW州山火事、住宅焼失・損壊が500軒(11/18)

アダニのトップ、インドの石炭需要に自信(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン