【為替マーケット分析】一喜一憂、一進一退

■これまでの動き シドニー勢不在の週明け7日、「中国は米国との議論の範囲狭める意向、今週の貿易協議で」との報道が、米国が求める幅広い通商協定合意に対して中国が消極的であるとの印象を与え、豪ドルは0.6747米ドルまで一旦急落。その後、中国商務省による「中国は米国と合…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

カンタス、国際線予約来年3月末まで保留(17:55)

アフターペイ、米アップル・グーグルと提携(17:55)

テイクオフ:学生時代に友人らと、大…(07/16)

豪7月消費者マインド、再下落 メルボルン封鎖が重しに(07/16)

雇用消失の35%が回復、失業第2波の恐れも(07/16)

カード支出7%超増、豪経済楽観は禁物(07/16)

給与補助が延長?小企業は継続するか熟考を(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン