• 印刷する

特定技能宿泊、海外試験は緬で27日に初実施

宿泊業界への外国人労働者の受け入れ拡大に向けた、新たな在留資格「特定技能」の初めての海外試験が27日、ミャンマー最大都市ヤンゴンで開催される。業界団体でつくる宿泊業技能試験センターが4日、明らかにした。

10月7~9日に申し込みを受け付け、250人に達した時点で締め切る。受験者は、受験料3万チャット(約2,090円)の納付が必要だ。11月15日に合格発表が行われる。

ミャンマーでは、宿泊業の特定技能を取得した人材の送り出しを目指し、ビジネスホテルを展開するスーパーホテル(大阪市)が専門学校を開設。ミャンマーで観光業や日本語教育などを展開するポールスター・グループも、観光業の職業訓練校スター・アカデミーと協力覚書(MOU)を締結し、日本で働ける人材の養成を進めている。

日本国内での宿泊業の特定技能試験は今年4月に東京など7会場で初実施され、391人が受験、280人が合格した。合格率は71.6%。10月6日に第2回目が8カ所で開催された。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

バス廃車による自家用車輸入、115件が許可(15:40)

中国への輸出依存度が大幅減 18年度は30%、日米などに多様化(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

東光電気が現法、電力消費増に伴い商機拡大(12/06)

商業税の納税額、給油所運営デンコがトップ(12/06)

不動産市場の軟調続く、減税も効果薄く(12/06)

国会、児童労働撤廃へILO条約批准を承認(12/06)

改正印紙法が可決、税滞納の罰金が軽減(12/06)

地場シーライオン、ラカインでリゾート計画(12/06)

モン族勢力、総選挙開催には協力へ(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン