【為替マーケット分析】政策金利は史上最低、為替は約10年ぶり:熱狂無き歴史的な週

■これまでの動き 0.6762米ドル付近で取引開始となった先週の豪ドルは、10月2日に約10年ぶりの安値水準となる0.6670米ドルの安値をつけた後、週末4日に0.6774米ドルまで反発、そのまま高値圏で越週し、週足で下ひげの長い陽線を引いた。 週明け9月30日は、翌日にオーストラリ…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでは最近…(11/12)

印の離脱表明もまずは前進を RCEP、みずほ総研主席に聞く(11/12)

豪州の干ばつ、炭鉱にも波及 州政府が新規承認を停止(11/12)

スカボローガス田、埋蔵量を52%引き上げ(11/12)

〔オセアニアン事件簿〕山火事悪化、シドニー近辺も要注意に(11/12)

10月の小売り、前月からさらに低調か(11/12)

VIC電力スポット価格、昨年度に25%上昇(11/12)

〔政治スポットライト〕豪世論調査、選挙以後初の与野党支持同率(11/12)

ガラスやプラごみ輸出規制、来年7月から(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン