【縫製産業の未来】存在感増す中韓企業に危機感 マツオカ(下)貧しさ根付く産業

アジアの工場増設や設備投資を強化し、域内での連携を拡充するアパレルOEM(相手先ブランドによる生産)大手のマツオカコーポレーション。急速に事業を拡大する背景には、世界の縫製産業で存在感を増している中韓企業への危機感がある。一方で松岡典之社長は、同産業が低賃金の…

関連国・地域: 中国タイベトナムミャンマーカンボジアインドネシア日本バングラデシュ
関連業種: 繊維その他製造雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国営航空、8兆ドン増資検討 コスト削減後も黒字化見えず(06/25)

国鉄、8千億ドンの優遇融資を要請へ(06/25)

HCM市運輸局、タクシーの一部再開を提案(06/25)

市中感染279人増、南部各地に飛び火(06/25)

中国製ワクチン、配分は北部9省に限定(06/25)

韓国国際協力団、コロナ対応に3億円支援(06/25)

韓国外相が企業支援要請、フック主席に(06/25)

中部沖ケンバウ鉱区ガス田、28年に生産か(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン