【縫製産業の未来】存在感増す中韓企業に危機感 マツオカ(下)貧しさ根付く産業

アジアの工場増設や設備投資を強化し、域内での連携を拡充するアパレルOEM(相手先ブランドによる生産)大手のマツオカコーポレーション。急速に事業を拡大する背景には、世界の縫製産業で存在感を増している中韓企業への危機感がある。一方で松岡典之社長は、同産業が低賃金の…

関連国・地域: 中国タイベトナムミャンマーカンボジアインドネシア日本バングラデシュ
関連業種: 繊維その他製造雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

通貨ドンに強さと安定感 堅調な経済、20年相場も穏当か(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

越宅配市場20%成長と予測、EC拡大に伴い(01/21)

配車アプリ車、表示灯やステッカーが義務に(01/21)

韓国ITカカオ、越中部で送迎サービス開始(01/21)

工業不動産市場が活況、FTAが好影響(01/21)

不動産DIC、19年利益は目標23%超え(01/21)

オフィス賃料、19年は6~7%上昇(01/21)

メコンのチャビン省に風力発電投資の波(01/21)

宝飾PNJ、19年利益は24%増の5100万ドル(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン