• 印刷する

《日系進出》日星電気、南部チェンナイに工場建設へ

フッ素樹脂電線などを手掛ける日星電気(浜松市)は3日、インド南部タミルナド州チェンナイ近郊の工業団地「オリジンズ・マヒンドラワールドシティノースチェンナイ(オリジンズ・チェンナイ)」で工場の着工式を行った。投資額は約10億ルピー(約15億円)で、約3ヘクタールの敷地に2階建て、延べ床面積8,000平方メートルの工場を建設する。操業開始は来年10~11月ごろを目指す。

日星電気の桐野英彦専務はインド進出の理由について、「(取引先の企業が)今後インドに生産を移す際、当社も対応できるように準備するため」と説明。将来を見据えた生産拠点の分散化であると同時に、モディ政権の推し進める製造業振興策「メーク・イン・インディア」への貢献も視野に入れているとコメントした。まずはプリンター用ロール部品やフッ素チューブなどの生産を予定しており、ベトナム工場から一部移管する。当面は、日本から素材を輸入してインドで生産し、日本向けに輸出するという。

日星電気は着工式に先立つ9月26日、タミルナド州のパラニスワミ州首相と、工場建設・稼働の円滑化を目的とする覚書を締結した。調印式には同州のサンパス工業相やムルガナンダム工業次官、産業貿易促進局のカーティケヤン局長らも立ち会った。

調印式での日星電気の桐野氏(写真左)とタミルナド州のパラニスワミ州首相(左から3人目)(日星電気提供)

調印式での日星電気の桐野氏(写真左)とタミルナド州のパラニスワミ州首相(左から3人目)(日星電気提供)


関連国・地域: インド日本
関連業種: 電機その他製造建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:1年ぶりに訪れた中国・…(10/17)

コニカミノルタが新モデル オフィス製品拡充、2桁成長狙う(10/17)

富士フイルム、地場病院と乳がん研修で提携(10/17)

病院メディカバー、事業拡大に40億ルピー(10/17)

華為のサブブランド、インドTV市場に参入(10/17)

廃車政策、商用車市場への恩恵薄く=格付社(10/17)

RCEP妥結には相当な努力必要=豪貿易相(10/17)

中国の電動二輪、インド進出に期待高まり(10/17)

非主要港の開発、政府が委員会を設置(10/17)

塗料バージャー、建設化学品STPを買収(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン