新北市、知識産業園区など26区画の土地入札

新北市政府は10月1日、かねて整備を進めてきた新荘区の産業用地にある26区画の産業専用区土地の入札と開札作業を実施する。最低入札価格は29億台湾元(約101億円)に設定した。経済日報が伝えた。 中でも、新荘北側知識産業園区の土地4区画の入札が焦点となっている。同園区は、…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産IT・通信メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海、5年内に粗利益率10%目指す(19:18)

テイクオフ:近所のかき氷店はガイド…(11/14)

10年で洋上風力10GW拡大へ 総統が新方針、来年1Qに詳細(11/14)

中華電信、7月に5Gサービス開始(11/14)

光群雷、20年は印やアフリカ展開を強化(11/14)

TSMCの3ナノ工場、20年着工へ(11/14)

半導体商社の大聯大、同業の文曄にTOB(11/14)

三菱ケミカル、台湾3社統合で新会社設立(11/14)

中油、モバイル決済「中油ペイ」開始(11/14)

声宝の台南新工場、20年3Qに量産開始(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン