ウランチャブ風力発電着工、世界最大規模

電力大手の国家電力投資集団(国家電投)は26日、内モンゴル自治区ウランチャブ(烏蘭察布)市四子王旗で「ウランチャブ風力発電基地」の第1期(出力600万キロワット=kW)の起工式を行った。単一の陸上風力発電所としては世界最大規模となる。投資額は400億元(約6,040億円)。…

関連国・地域: 中国-内モンゴル
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

AD措置を終了、日本とインドの化学品(12:05)

低い生産性、タイに追いつけ 経営改革へ「日本式」伝搬(上)(11/20)

テイクオフ:「ああ!開けないで!」…(11/20)

外資の「大規模撤退」否定 商務省、中西部を移転の受け皿に(11/20)

2020年の社会経済開発計画を承認=国会(11/20)

海外からの対中投資、1~10月は6.6%増(11/20)

豪政府、景気浮揚でインフラ開発実施前倒し(11/20)

製造業転換・高度化支援、官民ファンド設立(11/20)

水利プロジェクト投資、李首相「最優先で」(11/20)

鋼材価格指数、10月は今年最低水準(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン