• 印刷する

貿易発展局、19年輸出額を4%減と予測

香港貿易発展局(HKTDC)は23日、2019年通年の香港の輸出額が前年比4%減になるとの予測を発表した。従来の2%増から一転し、マイナス成長に下方修正した。世界経済の成長鈍化や米中貿易摩擦などを理由に挙げた。官営放送RTHKなどが伝えた。

HKTDCリサーチ部門責任者の関家明(ニコラス・クワン)氏は記者会見で、今年1~7月の輸出額は前年同期比3.9%減と低迷しており、香港の輸出の状況を「四半期ごとに悪化している」と説明した。

米中貿易摩擦が過熱する中、「香港企業は新興市場の開拓を急ぐべきだ」とも強調。中でも東南アジア諸国連合(ASEAN)や中南米、中東などを有望市場として挙げた。

HKTDCは6月に輸出伸び率の予測を5%から2%に引き下げており、下方修正は今年2回目。関氏は貿易摩擦が激しさを増した場合、予測をさらに引き下げる可能性があると説明していた。


関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

週末も域内感染増加 3日で78人、在宅勤務提唱も(07/13)

マカオ、香港との「健康コード」先送りも(07/13)

幼稚園と小中高校の夏休み前倒し、13日から(07/13)

反落、新型コロナ感染者の急増で=香港株式(07/13)

通信IPS、現法に2億円増資(07/13)

金融管理局、20億HKドルの香港ドル売り介入(07/13)

国際海運センター発展指数、7年連続で首位(07/13)

HONIA連動の金利スワップ、清算業務開始(07/13)

香港航空、社債利息の支払いを延期(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン