経済専門家の半数、今後経済危機の可能性

韓国国内の経済専門家30人のうち半数が、韓国が2020年までに通貨危機やリーマンショックと同程度の経済危機に陥る可能性があると考えていることが分かった。毎日経済新聞系列の月刊誌「毎経ラックスマン」とシンクタンクの現代経済研究院が大学教授やエコノミストなどを対象に調査…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

SKインフォが中国現法、系列向けに供給(10/18)

イースター航空に売却説、日本路線など不振(10/18)

インドネシアとCEPA合意 来年発効、鉄鋼・自動車に恩恵(10/18)

ロッテ会長が執行猶予付き有罪、安定経営へ(10/18)

韓国カカオ、越でグラブ利用サービスを開始(10/18)

日本製品不買、政府など公共機関でも拡大(10/18)

サムスンのブランド価値、世界6位(10/18)

9月の自動車産業、生産と輸出が低迷(10/18)

現代自の電動車販売、トヨタに次ぐ2位(10/18)

群山にEV拠点、政府の共生型雇用地域に(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン