CPフーズ、畜産農場へのAI導入を推進

タイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループ傘下の食品最大手CPフーズ(CPF)は、地場の人工知能(AI)技術・データ会社セルティスと共同で畜産農場へのAIの導入を推進している。2年以内に、契約する全ての養豚場と養鶏場に普及させる計画だ。20日付クルンテープ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料農林・水産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:9月末から10月上旬に…(10/21)

車生産見通しを7%引き下げ 年200万台に、国内外市場が減速(10/21)

9月の車輸出6.4%減、3カ月連続マイナス(10/21)

市民団体、エネ相にEV振興案を提出(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

ドンムアン空港免税店事業、24日に書類発売(10/21)

航空都市入札、CPの失格を再検討=最高裁(10/21)

首都圏の住宅在庫、15万戸超=REIC(10/21)

財務省、時限的な不動産譲渡税引き下げ計画(10/21)

三井化学が製品・技術を展示紹介、海外で初(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン