• 印刷する

豚肉価格は安定、需要懸念も=貿産省

フィリピン貿易産業省は19日、アフリカ豚コレラ(ASF)の発生を受け、市場調査を実施したと発表した。価格に大きな変動はないものの、需要が減退していると指摘。検査機関により認証を受けた生肉は問題ないと強調している。

貿産省は同日、農業省、国家食糧庁(NFA)と共同でケソン市の市場を調査した。豚肉の価格は1キログラム当たり200~220ペソ(約414~455円)と変動はなかったが、売り手からは、消費者のASFへの不安が需要に影響していると懸念の声が上がったという。

貿易産業省は、市場やスーパーで販売されていた豚肉加工製品は、農業省傘下の国家食肉検査サービス(NMIS)が認証した生肉を使用し、保健省傘下の食品医薬品局(FDA)の認証を受けていると説明。生肉を購入する際は、売り手からNMISの認証を確認するよう消費者に促した。

フィリピン国内では現在、リサール州とブラカン州でASFが確認されている。国際獣疫事務局(OIE)によると、8月30日~9月12日にASFに感染の疑いで処分された豚の数は世界全体で約1万頭に上り、このうちフィリピンが約8割を占めた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料農林・水産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マニラ空港拡張が白紙に 政府と財閥連合、事業費巡り対立(07/10)

コロナ感染新たに1395人、累計5万1754人(07/10)

国営病院、新型コロナ患者の病床が逼迫(07/10)

現金給付巡る違法行為、地方自治体で多発(07/10)

Gキャッシュによる納税倍増、1~6月(07/10)

メトロバンクとBDO、米ドル建て社債発行(07/10)

中国との農業技術協力、プログラム再開(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン