• 印刷する

第2チカンペック高速道、10月から試験運用

インドネシアの国営建設ワスキタ・カルヤは、首都ジャカルタと東部の工業地域を結ぶチカンペック高速道路の高架道(第2チカンペック高速道)工事が今月中に完了し、10月から11月中旬まで試験運用を行うことを明らかにした。12月中の開通はほぼ確実で、クリスマスと年末年始の帰省シーズンに供用できる見通し。19日付地元各紙が伝えた。

ワスキタの第2チカンペック高速道プロジェクトマネジャー、ファトゥール氏は「アスファルト舗装、道路標識・信号の設置、変電所・高速道路事務所の建設が未完了だが、難航していた超高圧送電線の移動や架設桁の設置などは無事完了した」と説明した。

高架となる第2チカンペック高速道は、西ジャワ州チクニール―西カラワンの36キロメートル区間。2017年に着工した。建設費は4兆4,300億ルピア(約340億5,900万円)。第2チカンペック高速道の開通で、既存のチカンペック高速道の交通量は30%減少すると見込まれている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

国内タイヤ工場、上半期の稼働率は6割(21:10)

国営建設WIKA、下半期は受注高5倍目標(21:10)

テイクオフ:インドネシアで新学年が…(08/13)

コロナ禍の観光地、開発急ぐ 長期影響を視野に整備・客誘致も(08/13)

スズキ現法、7月輸出台数は前月比4倍(08/13)

バリ島に次世代交通網整備、国鉄が協議(08/13)

首都空港にヘリポート、23日に運用開始(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン