• 印刷する

ノルウェー水産団体、東南ア拠点をタイへ

ノルウェー水産物審議会(NSC)は東南アジアの地域事務所をシンガポールからタイへ移転した=タイ・バンコク(NSC提供)

ノルウェー水産物審議会(NSC)は東南アジアの地域事務所をシンガポールからタイへ移転した=タイ・バンコク(NSC提供)

ノルウェー水産省傘下で水産業界のマーケティングを手掛けるノルウェー水産物審議会(NSC)は18日、タイの首都バンコクに東南アジアの地域事務所を開設した。タイはノルウェーにとって地域内最大の海産物輸出先で、今後の市場拡大も見込めるとして、シンガポールから移転した。

NSCは、東南アジアの海産物市場でタイを最も重視していると説明。健康志向の高まりを背景に、ノルウェー産サーモンの需要は特に強く、2018年の市場シェアは98%に上ったという。同年は、タイへの生鮮サーモンの輸出量が初めて1万トンを超えた。今年1~9月のサーモンとトラウトの輸出量は1万1,000トンを超える見通し。

NSCは、企業と一般消費者の双方を取り込む方針だ。BtoB(企業間取引)では、すし店「寿司でん」を展開するスシデンや、日本食店「ゼン(ZEN)」などを展開するゼン・コーポレーション・グループなどと提携。サーモンやトラウトについて研修する「サーモン・アカデミー」も開催している。一方、BtoC(企業・消費者間取引)では、ノルウェー産生鮮サーモンの知名度を高める活動を広く行う。

NSCによると、ノルウェーの東南アジア向け水産物輸出は18年に7万トンを突破。このうちタイ向けは前年比10.2%増の2万8,995トン、金額ベースでは2.8%減の11億5,805万クローネ(約139億6,200万円)だった。このうちサーモンの輸出では、ここ数年冷凍品が大きく減少している一方、生鮮が急伸している。


関連国・地域: タイシンガポール欧州
関連業種: 食品・飲料農林・水産サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅のごみ捨て場に行く…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

1~9月の輸出は2.1%減 米国以外が不振、軒並み前年割れ(10/22)

改正工場法が27日発効、中小事業促進に期待(10/22)

ラヨーン、空港高速鉄道と市内間にバス計画(10/22)

ヤンゴン空港の旅客数、1~9月は6.5%増(10/22)

タイ航空、東南ア6路線の廃止を検討(10/22)

今年のタイ国境からの観光客、100万人へ(10/22)

バンコク港周辺再開発、港湾公団労組が反対(10/22)

タイ人の英国不動産投資、バーツ高で倍増(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン