• 印刷する

オープンセルのテレビパネル、関税撤廃

インド財務省は17日夜に通達を出し、オープンセル方式で輸入される薄型テレビ用パネルの関税を撤廃した。エコノミック・タイムズ(電子版)などが伝えた。

通達によると、大きさが15.6インチ以上で、液晶ディスプレー(LCD)と発光ダイオード(LED)テレビのパネルの生産に使われるオープンセルが対象となる。従来は5%の関税が課されており、通達は即時発効した。

パネルは、薄型テレビの生産コストの65~70%を占める。インドで販売されるテレビの60~65%は国内製だが、パネルは輸入に依存している。関税が撤廃されたことで、テレビの価格は低下する見通しだ。インドのテレビ市場は2,200億ルピー(約3,300億円)規模。今年に入ってからは横ばいの状況が続いている。

パネルへの課税は、韓国のサムスン電子による国内でのテレビ生産からの撤退にもつながっていた。受託生産を手掛ける地場ディクソン・テクノロジーズのスニル・バチャニ会長は、「関税の撤廃はテレビの国内生産の振興、長期的にはインドの輸出拠点化につながる」との見解だ。


関連国・地域: インド
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「われわれの国は通常、…(10/21)

映画大国に「単館系」市場を 「天気の子」配給のバカオが挑戦(10/21)

自動車販売店、9月の小売り総数は13%減(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

配車オラ、カーシェアサービスを開始(10/21)

鉄鋼タタが西部で生産縮小、車産業の不振で(10/21)

アダニ、40億ドル化学施設の調査で覚書(10/21)

西部砂漠で太陽光発電計画、30GW規模に(10/21)

ITC、中部州で食品工場整備に70億ルピー(10/21)

印格安ホテル「オヨ」、アパート賃貸へ進出(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン