IoTコーヒー機の艾聚普、2000万元調達

モノのインターネット(IoT)を応用した全自動コーヒーメーカー「iDrip」の開発・販売を手掛ける台湾のベンチャー、艾聚普(アイドリップ)がこのほど、台湾の政府機関、国家発展委員会(国発会)から2,000万台湾元(約7,000万円)の資金を調達した。国発会は、台湾コーヒ…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産金融IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本のニュースで最近目…(07/07)

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

今年の観光収入、1.3兆円損失か=コロナで(07/07)

鴻海の6月売上高、3カ月ぶり減収に(07/07)

HTCの6月売上高、前月比で6割増(07/07)

政府、5G網の敷設加速に300億元補助(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン