• 印刷する

テイクオフ:沖縄民謡「安里屋ユンタ…

沖縄民謡「安里屋ユンタ」に「またはーりぬちんだらかぬしゃまよ」という歌詞がある。意味は諸説あるが、確かなのは「またはり」はインドネシア語の「太陽(matahari)」だ。当地では琉球王朝との交流の名残をあちこちで感じる。

ASEAN日本政府代表部に勤務の傍ら、各種イベントやお祭りなどで沖縄の伝統楽器、三線を演奏、沖縄の文化を発信してきた外交官、知念幸忠さんが3年半の勤務を終え、フランスの日本大使館に異動する。当地で最後のステージとなった「ジャカルタ日本祭り」では、「安里屋ユンタ」など6曲を同好会のメンバーらと披露した。

これまでフランスやアフリカなどフランス語圏で勤務。「なんくるないさー(何とかなる)の精神が沖縄と共通する」とインドネシアの生活を楽しんだ。三線片手にフランスでも草の根の外交を続けてくれるだろう。(二)


関連国・地域: インドネシア欧州
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

テイクオフ:効果があやしい新型コロ…(07/06)

ユニリーバ、工場従業員がコロナで陽性反応(07/06)

首都のPSBB違反、罰金4.3億ルピア徴収(07/06)

スラバヤ市、9日まで主要道路3カ所を封鎖(07/06)

海・空路で国内移動の指針を公布、保健省(07/06)

ガルーダ関空ジャカルタ便、8月は週2便に(07/06)

MRT3駅のTODに着手へ、州知事令公布(07/06)

デポック―アンタサリ高速道、第2区が開通(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン