• 印刷する

食品新興企業の拠点、砂糖大手チェンが開設

シンガポールの砂糖大手チェン・ユーヘンは、食品系の新興企業のイノベーション(技術革新)を支援する拠点「イノベート360」を開設した。研究開発(R&D)、コワーキングスペース(共用オフィス)や研修、物流、製造施設を備え、資金調達も含めて総合的に支援していく。

支援拠点は西部タマン・ジュロンのチン・ビー・ドライブに設置。6階建て、9万平方フィート(約8,361平方メートル)の規模で、9月初めに運営を開始した。

食品系の新興企業や起業家を対象に、R&Dをはじめとする施設を提供。自社の事業ネットワークを活用して、販売先や出資する投資家を紹介する。イノベート360のエリアス・タン副社長によると、入居率は既に6割程度という。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東南アジアで事業を展開…(10/24)

多国籍企業の存在感上昇へ HRテックビジネス活況(下)(10/24)

9月コアインフレ率、3年6カ月ぶり低水準(10/24)

科技庁と10社、パーソナライズ商品で提携(10/24)

シンガのスワッグ、電動二輪を来月発売へ(10/24)

飲食キムリー、カフェなど47億円で取得(10/24)

ビスタラ、日・米路線でコードシェア(10/24)

社会事業団体、スーパーなど傘下の3社統合(10/24)

タタ傘下の航空2社、昨年度に赤字幅が拡大(10/24)

台湾産農水産物の輸出額、1~9月に6%増(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン