• 印刷する

テイクオフ:深夜の空港に人間ドラマ…

深夜の空港に人間ドラマを感じるのは勝手な思い込みだろうか。マニラの国際空港で見かけた海外出稼ぎとみられるフィリピン人は、不安そうな表情を浮かべていた。航空券の行き先には中東とあり、複数の文書をなくさないよう大事そうに抱えている。漆黒の闇を映す窓ガラスが、一段と不安を際立たせていた。

同じような光景をネパールでも見たことがある。空港の外にまで続く長蛇の列。行き先は中東が多かった。初めてか、一時帰国してまた出稼ぎにいくのか。寒さが残る季節に、Tシャツとジーンズというシンプルな服装が印象的だった。

海外に人材を送る――。高度人材ならまだしも、自国に必要な労働力が他国に出なければならない現状は最善とは言いがたい。国が貧しく、産業基盤が十分ではないことを映しているようにもみえる。雇用政策は国の未来をつくる。政府はそれをどう描いているのだろうか。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

通信IPS、現法に2億円増資(14:03)

コロナ感染新たに1233人、累計5万2914人(20:48)

マニラ空港拡張が白紙に 政府と財閥連合、事業費巡り対立(07/10)

コロナ感染新たに1395人、累計5万1754人(07/10)

国営病院、新型コロナ患者の病床が逼迫(07/10)

現金給付巡る違法行為、地方自治体で多発(07/10)

Gキャッシュによる納税倍増、1~6月(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン