• 印刷する

テイクオフ:風邪をひいたときに食べ…

風邪をひいたときに食べたいものといえば、当方の場合、すりおろしたリンゴと、かつお節と醤油が少しだけのっかったおかゆが思い浮かぶ。シンガポールではどちらも手に入るが、リンゴやかつお節の産地ではないので、土地に根差した食文化とは違うだろう。みんな何を口にしているのだろうか。

中華系シンガポール人の友人は「ハーバルティーとハーバルスープかな」とコメント。漢方茶と薬膳スープといったところで、さまざまな生薬が入っている。住宅街の商店やホーカーセンター(屋台街)で手に入る。インド系の友人は「ターメリックミルクだね!」と今にも目の前で作りだしそうな勢いで教えてくれた。ターメリックとはウコンのことで、けがの傷口に塗ってもいいらしい。

マレー系の風邪ひきご飯・飲み物まではわからなかった。次はマレー系の友人にインタビューしてみなくては。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

サプライチェーンの多国間協力、中国も参加(07/03)

国内外4社、炭素利用・貯留システムで提携(07/03)

新規感染169人、計4万4479人(3日)(07/03)

欧州の生命科学系VC、アジア拠点を開設(07/03)

グラブ、独禁法違反で300億ルピアの制裁金(07/03)

阪急阪神不、ハイフォンの物流倉庫に出資(07/03)

日系14%の入国承認、制限緩和第2期に(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

与野党が選挙討論会、雇用問題で意見対立(07/03)

総選挙は経済・雇用対策焦点、与党に追い風(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン