• 印刷する

シングテル、社員のIT技能向上に35億円

通信最大手シングテルは12日、シンガポール電気通信労働組合(UTES)と「社内教育委員会」の設立で覚書を交わした=12日、シンガポール中心部(NNA撮影)

通信最大手シングテルは12日、シンガポール電気通信労働組合(UTES)と「社内教育委員会」の設立で覚書を交わした=12日、シンガポール中心部(NNA撮影)

シンガポールの通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)は12日、従業員のデジタル技能向上に3年間で4,500万Sドル(約35億3,000万円)を投じると発表した。中心部に新設した施設で、社員向けの研修やワークショップを行う。

中心部ラッフルズ・プレイスのピッカリング・ストリート沿いにある施設「シングテル@8ジョージ」に、4フロア分の研修設備を用意した。デジタル技術に関する研修や、チームビルディングのワークショップ、ハッカソン(ソフトウエア開発者などが集まり、チームで短期間に開発した技術を競うイベント)の実施を通じて、国内の従業員1万2,600人の技能向上を図る。

第5世代(5G)移動通信システムの導入に向けて、ネットワークエンジニアの育成にも力を入れていく。

こうした取り組みを推進するため、シンガポール電気通信労働組合(UTES)とも提携。「社内教育委員会」を共同で設立する。

今回の発表に先立ち、シングテルは今月から、自主学習アプリ「キュリオス(CURIOUS)」を導入。社員がテクノロジーからリーダーシップまでさまざまな分野を、無料で学べるようにした。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

通信スターハブ、19年通期は4期連続の減益(18:17)

金融UOB、8%増益で過去最高益(18:04)

シンガポールドル急落、新型肺炎の影響で(17:49)

セムコープ、10~12月期は赤字転落(15:39)

金融OCBC8%増益、3年連続過去最高益(14:07)

完全外出禁止は77人(19日正午)(12:38)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(20:04)

日系ベンチャー、野菜栽培実証 アジア全域での事業展開にらみ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

卸売り販売額17%低下、3年半ぶり下落幅(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン