コメ輸出で譲歩示唆、農務長官=対日貿易交渉

【ワシントン共同】パーデュー米農務長官は10日、日本との貿易交渉に関し「コメ分野はうまくいかなかった」と述べ、米国が求めている環太平洋連携協定(TPP)水準から譲歩する考えを記者団に示唆した。牛肉や小麦などを念頭に「大半の農産物は競争相手と同等の条件に戻るだろう…

関連国・地域: 日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス航空が在留邦人の帰国便を運航へ(04/02)

【BOPビジネス解剖】農村部で電力を「共有」へ 起業家の挑戦(上)IoT活用で(04/02)

制限令フェーズ2開始で混乱 長期化にキャッシュフロー不安も(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

ベトナムも外出規制、在宅勤務勧める(04/02)

SBI、子会社が商銀ライセンス取得(04/02)

医療従事者も感染、計1000人(1日)(04/02)

3月の新車販売9.3%減、新型コロナで客足鈍化(04/02)

労働許可証での入国、帯同家族は認められず(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン