コメ輸出で譲歩示唆、農務長官=対日貿易交渉

【ワシントン共同】パーデュー米農務長官は10日、日本との貿易交渉に関し「コメ分野はうまくいかなかった」と述べ、米国が求めている環太平洋連携協定(TPP)水準から譲歩する考えを記者団に示唆した。牛肉や小麦などを念頭に「大半の農産物は競争相手と同等の条件に戻るだろう…

関連国・地域: 日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

韓国、輸出優遇国から日本を除外(15:46)

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

テイクオフ:長期出張でクアラルンプ…(09/18)

中東情勢に警戒、東南ア各国が対策検討(09/18)

ヒーローがeバイクの新モデル ヤマハ発と提携、100台試験販売(09/18)

JT、マレーシアで170人規模の人員削減か(09/18)

フェローテックが中国投資拡大 国産化追い風に、3年で710億円(09/18)

日産暫定トップ体制始動、10月末までに後任選定(09/18)

カルソニック4工場閉鎖、日産不振響く(09/18)

隊列トラックの拠点新設へ、新東名―新名神(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン