豪9月消費者マインド、再び悲観に転落

ウエストパック・メルボルン研究所は11日、オーストラリアの9月の消費者マインドが、前月の100ポイントから1.7%下落の98.2となったと発表した。利下げや住宅市場の回復の兆しなど前向きな要因の増加とは対照的に、消費者の国内や世界経済、雇用市場に対する不安感が表れた形とな…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

三菱UFJ信託が豪企買収完了、社名も改名(19:13)

スーパー拠出率と給与に関連性なし=報告書(19:13)

〔ポッサムのつぶやき〕ラグビーNZに圧力?スポンサー問題で(19:13)

テイクオフ:オーストラリアでふと気…(09/16)

トランスボーダーEが覚書締結 大阪ガスとLNG関連情報共有で(09/16)

再生エネ投資は世界的高水準=エネ相が反論(09/16)

太平洋への投資、今が好機=豪政府(09/16)

豪製ロゴ使用認可の遅れ、サプリ業界が懸念(09/16)

豪の失業手当受給者、貧困率が急増(09/16)

ホワイトヘイブン、QLD炭鉱計画に食指(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン