豪9月消費者マインド、再び悲観に転落

ウエストパック・メルボルン研究所は11日、オーストラリアの9月の消費者マインドが、前月の100ポイントから1.7%下落の98.2となったと発表した。利下げや住宅市場の回復の兆しなど前向きな要因の増加とは対照的に、消費者の国内や世界経済、雇用市場に対する不安感が表れた形とな…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

豪労使機関が賃金凍結に初合意、企業救済で(18:51)

退職年金の早期引出し、既に36万人が申請(18:49)

豪観光業、コロナ流行収束後も回復困難か(18:50)

テイクオフ:ニューサウスウェールズ…(04/06)

豪NZ新車販売、大打撃 消費者買い控えで3月は2桁減(04/06)

豪トヨタ、地場車関連ソフトウエア企を買収(04/06)

全日空、13日から羽田―シドニーを減便(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン