• 印刷する

政府のAI機関、エクスペディアと提携

シンガポール政府の人工知能(AI)活用促進機関AIシンガポールはこのほど、旅行サイト世界大手の米エクスペディアと、アジアの言語による検索精度向上で提携した。自然言語処理や機械学習の技術を用いて、検索精度を向上させるAIモデルを共同で開発する。

旅行に関する情報をネット上で検索する場合、英語では高い精度で必要な検索結果を得られる一方、日本語、韓国語、中国語(繁体字、簡体字)などアジアの言語では、精度が著しく低下することが背景にある。

AIシンガポールのプロジェクトチームには、エクスペディアのエンジニアやデータサイエンティスト、マーケティング担当者らが参加し、旅行関連の検索精度を高めるAIモデルを開発する。まず日本語の検索精度の向上に取り組み、他の言語にも広げる。

エクスペディアはAIシンガポールとの協業を通じて、アジアの旅行者へのサービスを拡充する狙いがある。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: IT・通信観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:このところニュース報道…(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

自宅待機措置の対象者、日系企業で3割超(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

在宅勤務未実施の企業、業務停止命令も(04/01)

国内感染が増加、計926人(31日)(04/01)

金融庁、中小・個人の融資返済を支援(04/01)

サンゲツ、ホーチミン市に現法設立(04/01)

新型コロナ簡易検査キット、地場企業が開発(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン