運転中止で要介護リスク倍、高齢者調査

【共同】車の運転をやめて自由に移動する手段を失った高齢者は、運転を続けている人と比べ、要介護状態になるリスクが2.2倍になるとの研究結果を、筑波大の市川政雄教授(社会医学)らのチームが5日までに日本疫学会誌に発表した。運転をやめたが公共交通機関や自転車を使って外出…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「祇園精舎の鐘の声 諸…(09/18)

【ウィズコロナ】HIS、学研教室運営に参入 独自ネットワーク活用し相乗効果(09/18)

起業支援の「ルーツ」が始動 5年で百社の投資・専門家支援へ(09/18)

採用意欲、10年ぶり低水準 米社4Q調査、不透明感映す(09/18)

三菱電機、デリーメトロ車両の電機品受注(09/18)

ベトジェット、東京便などの定期運航再開へ(09/18)

8月の自動車生産、30%減の11.7万台(09/18)

京都機械工具、地場RFIDタグ企業と提携(09/18)

ジェトロ、供給網強化の支援で第2回公募(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン