• 印刷する

テイクオフ:週末の買い物帰り、車窓…

週末の買い物帰り、車窓からのぞく景色に違和感を覚えた。「露店がなくなってる」。以前の住居から頻繁に歩いていた道だ。大通りの角に、揚げ物とたばこ売りの屋台があった。通りがけに「お姉ちゃん、食べていってよ」と無邪気に誘ってきた子どもたちの面影は消え去り、辺りには包み紙すら落ちていない。

政府は7月末、首都圏の各自治体に対し公道の清掃を命じた。期限は残り1カ月。各市長からは、幹線道路の清掃が終了したとの報告も聞こえる。これに先立ち、マニラ市では大規模なディビソリア市場の撤去が実行された。日用品が格安で手に入るため、何度も訪れた。露天商がひしめき合い、人の波をぬって車両が行き交う。マニラのアメ横とも呼ばれていた大通りは、たった数日でがらんどうとなった。

ゴミのない街は願わしいこと。だが「アジアらしさ」が少しずつ消えていくようで、寂しさも残る。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

「低リスク」は隔離免除、対象リストも更新(10/15)

新型コロナ、新たに7625人感染(10/15)

入国隔離免除、方針見直しへ 政府で未調整、16日以降に新規制(10/15)

新型コロナ、新たに7835人感染(10/15)

首都圏の外出制限、ガイドラインを改定(10/15)

首都圏の感染ペース鈍化傾向、比大機関(10/15)

労働省、賞与支給へ雇用主に融資検討(10/15)

事業者支援は助成より制限緩和、経済開発庁(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン