• 印刷する

テイクオフ:4年に一度開催されるサ…

4年に一度開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)の本大会出場に向けて、シンガポールが本格的に動き出した。といっても2022年のカタール大会ではなく、34年大会がターゲットで、かなり先の話だ。

W杯のアジア予選突破に向けた長期計画は過去にもあった。1998年から始動し、2010年の南アフリカ大会を目指したプランだ。外国人選手を帰化させて強化し、東南アジアの大会を連覇するなど実績を残したが、本大会には手が届かなかった。ただ人口35万人のアイスランドが18年の本選に出場した例もあり、同様に人口が少ないシンガポールも不可能ではないとの見立てだ。

未来に向けた兆しはある。最近では欧州の中堅リーグに所属する選手が出てきたほか、10代の選手が英国のトップリーグのチームと契約し、先月に公式戦でのデビューを果たした。アジアの最終予選で日本と対戦する日も遠くないのかもしれない。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

輸出が6カ月連続減、下げ幅縮小も軟調(18:58)

煙害対策、屋外での作業時間調整など勧告(14:22)

政府系VC、物流分野のシンクタンク設立(18:41)

英金融ITサービス社、ア太洋初の拠点開設(17:46)

外国為替取引、世界3位の市場規模=BIS(17:46)

テイクオフ:風邪をひいたときに食べ…(09/17)

先端技術移転でリサイクル促進 ブループラネット、東南ア・印で(09/17)

食品新興企業の拠点、砂糖大手チェンが開設(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン