食品の塩含有量に応じた課税、政府が再検討

タイ財務省物品税局のナタコン副報道官は、加工食品の塩(ナトリウム)含有量に応じて課税する計画を再検討していると明らかにした。国民の健康増進が課税の目的。10日付バンコクポストが報じた。 国民の1日当たりの塩分摂取量を2,000ミリグラム以下に抑えることを目標として、税…

関連国・地域: タイ
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルス対策…(05/27)

出稼ぎ労働者が大量帰還 感染拡大、送金減少に懸念(05/27)

非常事態宣言を1カ月再延長 警戒維持、近く追加の制限緩和も(05/27)

新規感染者3人、累計3045人に(26日)(05/27)

いすゞ、ピックアップ販売の下期回復を予測(05/27)

工業連盟、車部品工場の存続へ転用を模索(05/27)

トヨタタイ全工場再開、欧州ポルトガル除き操業(05/27)

物品税局長、自動車メーカー向け減税を支持(05/27)

タイ中高速鉄道、懸案の契約は10月に締結へ(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン