• 印刷する

マンダレーの翡翠市場、夜間営業を検討

翡翠が取引されるマンダレーの市場=8月29日(NNA)

翡翠が取引されるマンダレーの市場=8月29日(NNA)

ミャンマー第2の都市マンダレーは、市内にあるマハアウンミャイ翡翠(ひすい)市場の夜間営業を認める方針を打ち出した。現行の夕方6時までの営業時間が、夜11時にまで延長される。ミャンマー・タイムズ(電子版)が10日伝えた。

市を管理するマンダレー市開発委員会(MCDC)のチョー・ゾー・アウン氏が明らかにした。同氏は、「夜間営業を認めることで、零細事業者は午前中に売れ行きが悪くても夜間に取り戻すことができる」と狙いを説明する。管区政府の承認を得て、10月から営業時間を延長する計画だ。マハアウンミャイ市場は、中国人やインド人を主なターゲットとしていることから、夜間営業時に外国人の立ち入りも認めるという。

市は、市場周辺への電力供給や治安の確保にも取り組む。ただ同市場にある宝石店の店主は、「現在でも午前中と比べて午後は、来場者が少ない。手頃な価格で販売されていないことが原因だ」として、営業時間の延長の効果を疑問視している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 天然資源小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

7月のインフレ、8.35%でまた上昇(12:52)

ヤンゴン駅開発で住商に打診 中国企業が連合脱落、再協議へ(09/19)

ヤンゴン外環道計画、物流拠点の建設も視野(09/19)

違法滞在の中国人に反発、カイン州で対策委(09/19)

中国と国境画定へ共同調査、24年ぶり(09/19)

チン州、若者が将軍像設置に反対(09/19)

発電容量560万KWに、能力拡張計画も進行(09/19)

天然ガス輸出額、8月までで14%増(09/19)

竹産業の発展を森林法が阻害=業界団体(09/19)

水協銀、ミャンマーで小口金融サービス(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン