CPベトナム、19年は10%増収の見通し

タイの食品最大手チャロン・ポカパン・フーズ(CPF)のベトナム子会社CPベトナム(CPV)は、今年の売上高が前年比10%増加すると見込んでいる。ベトナムの経済成長に伴う購買力拡大が主因。9日付バンコクポストが報じた。 CPVのモントリー社長は、「消費者の動向は変…

関連国・地域: タイベトナム
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

中国物流百世、東南ア3カ国でサービス開始(07/06)

6月の消費者信頼感、2カ月連続で改善(07/03)

タイ国境検問所の移動自由化、外交筋も要請(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン