• 印刷する

中国企業の利権を縮小、西ジャワ高速道

インドネシアの公共事業・国民住宅省が、西ジャワ州チレウニ―スメダン―ダウアン(チスムダウ)高速道路の建設事業のコンソーシアムに出資していた中国企業の利権を縮小していたことが5日までに明らかになった。建設工事が遅延していることから、政府が出資比率を引き上げることで、工事を加速化させる。ニュースサイト『デティックコム』などが伝えた。

チスムダウ高速道路の総延長は60.47キロメートル。工事は六つの工区に分割され、うちセクション1とセクション2(チレウニ―スメダン間、総延長27.62キロ)は中央政府が中国・路橋建設(CRBC)など3社と共同で手掛けてきた。

高速道路統制庁(BPJT)のダナン長官によると、コンソーシアムの当初の出資比率は、中国側が65%、政府が35%だった。これを中国の出資比率を45%に縮小し、政府の持ち分を55%に引き上げた。

建設工事の遅れが指摘されるチスムダウ高速道路(アンタラ通信)

建設工事の遅れが指摘されるチスムダウ高速道路(アンタラ通信)


関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:某バイクメーカーと楽器…(06/04)

アヤラ系電力、豪社に出資 9千万豪ドル、再生エネ事業拡大(06/04)

日系自動車各社の対応二分 「生産再開」と「停止継続」(06/04)

首都PSBB、5日からは地区ごとに移行か(06/04)

首都圏の出入り許可証、承認割合は9%(06/04)

FB出資受け入れ、インドネシア配車大手(06/04)

ライオン航空、5日から旅客便の運航停止(06/04)

CBU100万台輸出目標、業界は達成悲観視(06/04)

社会制限4カ月で経済マイナス3.5%=世銀(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン