米国の出方焦点、マグロ漁獲枠で協議開始

【ポートランド共同】高級すしネタや刺し身として人気の太平洋クロマグロの資源管理を話し合う中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の北小委員会が3日(日本時間4日)、米西部オレゴン州ポートランドで開幕し、日本が再提案した漁獲枠拡大を巡り議論を始めた。昨年は資源保…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

GMOインターネットがサービス開始(11/20)

はしか流行で非常事態宣言、南太平洋のサモア(11/20)

低い生産性、タイに追いつけ 経営改革へ「日本式」伝搬(上)(11/20)

トヨタが渋滞緩和へ実証実験 首都で第2フェーズ、AIを活用(11/20)

ユズに続く食材の販路開拓 高知県、外食産業を通じて(11/20)

昭和産業と岡谷鋼機、鉄筋加工工場が増強(11/20)

オリックス自動車、燃料電池のカーシェア開始(11/20)

「マレーシアストリート」開設、東京五輪で(11/20)

ゴーン体制完全脱却、日産が業績回復へ経営刷新(11/20)

羽田―デリー便、JALが来年3月に就航(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン