【不動産市場】南部郊外に「新経済圏」開発 東急の田園都市、公共交通軸に

日系企業のベトナム不動産投資の代表格が、東急(旧:東京急行電鉄)によるビンズオン(ビンズン)省の「東急ビンズンガーデンシティ」づくりだ。南部有数の工業地帯として知られる同省とともに、公共交通を基盤とした「日本式」都市の実現を目指す。省都の移転に沿った新都市開発…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型肺炎、日系企業に打撃 武漢・華東で休業延長も視野(01/29)

東南アのホワイトカラー求人、3カ国で減少(01/29)

【グラフでみるASEAN】輸出額(11月)5カ国でマイナス成長、ベトナムは好調(01/29)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/28)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/28)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

豚肉供給不足、ベトナムの豚コレラが影響(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン