• 印刷する

テイクオフ:スマートフォンが過去1…

スマートフォンが過去10年間で生活を一変させたのはいわずもがな。その波及効果は記者会見でも顕著だ。囲み取材で記者が差し出す録音機はスマホ。動画撮影もスマホでお手軽になった。

写真や動画の画素数が粗い、インターネット接続が不安定――。ほんの数年前まで、まだまだデジタル一眼レフカメラに利があると感じていたが、もはやそれも過去の話。加速度的な機能向上と一眼レフカメラの重さもあってか、記者会見はスマホでの撮影で済ます同業者が増えた。

「今でも斜陽産業なのに、さらに仕事が減る」。カメラマンの知人は危機感を隠さない。保険や自動車など現在ある仕事の大半は20世紀にできたそうだ。ITの勢いは衰えないが、いずれどんな職種もなくなる可能性は否定できない。人間に求められるのは「環境適応能力」なのだろう。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マニラ空港拡張が白紙に 政府と財閥連合、事業費巡り対立(07/10)

コロナ感染新たに1395人、累計5万1754人(07/10)

国営病院、新型コロナ患者の病床が逼迫(07/10)

現金給付巡る違法行為、地方自治体で多発(07/10)

Gキャッシュによる納税倍増、1~6月(07/10)

メトロバンクとBDO、米ドル建て社債発行(07/10)

中国との農業技術協力、プログラム再開(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン