【新・知財最前線は今】特許異議申立(日本)と特許取消申請(韓国)の統計比較

File No.132 韓国の特許取消申請制度(2017年3月施行)は、特許登録後6カ月以内に特許取消を申請することができる制度で、日本の特許異議申立に類似するものです。両制度は、特許処分の審理を通じて特許の早期安定化を図るという共通の目的を持ちます。2019年に、日韓両特許庁より…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ハンファトタル、エチレン生産設備増設完了(17:48)

韓国初の豚コレラ確認、畜産業への打撃懸念(17:48)

グリーンピース、現代自の大型看板を棄損(18:35)

テイクオフ:韓国のお盆に当たる秋夕…(09/17)

低空飛行の日韓路線(中) 地場に逆風、路線多角化で打開へ(09/17)

Thaco、起亜工場をアップグレード(09/17)

次期大統領、知日派がトップに=世論調査(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

日韓改善へ首脳対話焦点、「機運なし」も(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン