中央積立金の運用資産残高、18年は7%増加

シンガポールの中央積立基金(CPF)の運用資産残高は2018年に2,870億米ドル(約30兆5,200億円)となり、前年比6.6%増加した。世界の年金運用機関の上位20の運用資産残高が7年ぶりに減少する中、堅調な結果となった。 英米系コンサルティング大手のウイリス・タワーズワトソン…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:総選挙日の10日に写真…(07/13)

本当の議会政治へ第一歩 総選挙、有権者意識に変化(07/13)

総選挙、与党勝利も野党が議席上積み(07/13)

長瀬産業、東南アジア初の食品素材ラボ開設(07/13)

通信IPS、現法に2億円増資(07/13)

国際海運センター発展指数、7年連続で首位(07/13)

空港業務SATS、コロナで4Q赤字に(07/13)

クーパン、シンガポールHooqの資産買収(07/13)

衣料テックのジリンゴ、追加リストラ(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン