中央積立金の運用資産残高、18年は7%増加

シンガポールの中央積立基金(CPF)の運用資産残高は2018年に2,870億米ドル(約30兆5,200億円)となり、前年比6.6%増加した。世界の年金運用機関の上位20の運用資産残高が7年ぶりに減少する中、堅調な結果となった。 英米系コンサルティング大手のウイリス・タワーズワトソン…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台風19号の被害状況は…(10/21)

【ASEAN戦略】訪日旅行者の需要取込へ JRホテル、海外初の商談会(10/21)

ビアードパパ運営社、カレーパン専門店開業(10/21)

ゲンダイエージェンシー、カジノ事業から撤退(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

スタートアップ投資額、3Qは前年比36%増(10/21)

3Qホテル投資額、過去最高の28億米ドル(10/21)

不動産サイト新興企業、豪社と2カ国展開へ(10/21)

韓国Wadiz、シンガポール進出へ(10/21)

空港の商業施設、開業半年で5千万人集客(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン