ロシア企業、ニントゥアンで火力発電所検討

ロシアの国営複合企業(コングロマリット)ロステック・グループが、ベトナム中南部ニントゥアン省に火力発電所の建設を検討している。同省を訪れた視察団と当局との会合で明らかになった。8月29日付ベトナムプラスが伝えた。 ロステック傘下で発電設備を手掛けるテクノプロム…

関連国・地域: ベトナムロシア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

ホンダ、新1年生にヘルメット2百万個提供(07/06)

カタール航空やティーウェイ、HCM便再開(07/06)

配車アプリ市場、GVタクシーが新規参入(07/06)

西鉄、ロンアン省に物流事務所を開設(07/06)

韓国エーステック、越工場の増設で追加出資(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン