• 印刷する

預金準備率引き下げ、ムーディーズが評価

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは28日、フィリピン中央銀行が預金準備率の引き下げに動いていることで、市中銀行が資金を効率的に運用できるようになると評価した。市中銀行の格付けにプラス効果をもたらすとの見解を示している。マニラスタンダードが伝えた。

ムーディーズは、金融市場に2,000億ペソ(約4,046億円)以上が供給され、ひっ迫していた流動性が高まると指摘。「格付け面でポジティブになる」と評価した。純金利マージンは預金準備率が2ポイント下がるたびに、0.05~0.1ポイント上昇するとの試算も示した。

中銀は、5月から7月にかけて預金準備率を段階的に引き下げ、18%から16%に設定した。フィリピン経済が減速する中、金融機関が貸し出しに回す資金を増やし、景気を下支えする狙いがある。

中銀のジョクノ総裁は、預金準備率のさらなる引き下げに前向きで、2023年までに1桁台にする方針を示している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

外出規制強化に逆戻りも マニラ首都圏、感染再拡大で(07/17)

コロナ下で安定操業が継続 ティラワ、新たに2社が進出へ(07/17)

コロナ感染新たに2498人、累計6万1266人(07/17)

4月海外送金受取、過去最大の落ち込み(07/17)

民放ABS―CBN、8月末に人員整理(07/17)

観光省、会議・視察などにガイドライン(07/17)

クラーク空港、来年1月に新ターミナル開港(07/17)

ロペス系LNG基地設備、3社が最適入札者(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン