• 印刷する

宮城県知事「活力取込む」、南部郊外でPR

ベトナムの消費者に宮城県の商品をPRする村井知事(右)=28日、ビンズオン省

ベトナムの消費者に宮城県の商品をPRする村井知事(右)=28日、ビンズオン省

宮城県の村井嘉浩知事は28日、ベトナム南部ビンズオン省の商業施設「イオンモール・ビンズオンキャリー」内に設置した県産品のアンテナショップを訪れ、トップセールスを展開した。同国において、二大都市(ハノイ、ホーチミン市)以外でPRするのは初めて。「東南アジアの消費をリードする国になる」と語り、同国の活力取り込みに意欲を示した。

村井知事は「ベトナムを(外国人労働者の受け入れ拡大のための新在留資格「特定技能」などにおける)労働力として着目する向きもあるが、『市場』として注目している。アジアを代表する消費地として台頭していく」と強調した。ベトナム国内でも消費者の好みが異なるとみており、各地でどのような商品が売れるか見極めたい考えだ。

県産品マーケティング支援事業として、ベトナムにアンテナショップ「宮城ショップ」を置くのは5回目。イオングループの協力で、2015年度にハノイ市、16~18年度にホーチミン市で展開してきた。今回、ホーチミン市郊外のビンズオン省のモール内のアンテナショップでは、県内企業約30社の100品目を、来年2月まで販売する。

宮城県がイオンモール内に開設したアンテナショップ=28日、ビンズオン省

宮城県がイオンモール内に開設したアンテナショップ=28日、ビンズオン省

村井知事は、29日にはホーチミン市で輸入商社に県産品食材を紹介。30日に帰国する。ベトナム入り前の27日にはタイ・バンコクを訪れ、タイ国際航空が今年10月に再就航する仙台―バンコク直行便を通じた東北地方への旅行をPRしていた。


関連国・地域: タイベトナム日本
関連業種: 食品・飲料運輸小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

ホンダ、新1年生にヘルメット2百万個提供(07/06)

カタール航空やティーウェイ、HCM便再開(07/06)

配車アプリ市場、GVタクシーが新規参入(07/06)

西鉄、ロンアン省に物流事務所を開設(07/06)

韓国エーステック、越工場の増設で追加出資(07/06)

韓国テジン、越にエレベーターロープ初輸出(07/06)

鉄鋼ホアセン、第三者割当増資を計画(07/06)

政府がサベコ株36%を売却へ、全株を放出(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン