• 印刷する

コンビニCU、日本ビール販売が92%減

韓国コンビニ大手CUで、日本のビールの売上高が8月(1~26日基準)に前年同期比92.2%減少したことが分かった。日本政府による輸出管理強化を受けた不買運動が響いた。

売上高に占める日本ビールのシェアは前年同期間の28.9%から2.8%まで急落した。輸入ビール全体のシェアも9.1ポイント下落の51.3%となった。

日本のビールの不振で販売を伸ばすのが国内ビールだ。OBビールの「カス」やハイト真露の新製品「テラ」の好調を受けて、国内ビールの売上高は16.8%増加。国内ビールのシェアも48.7%まで拡大した。

CUは8月から自社ブランド製品(PB)向けに輸入してきた日本の即席麺やデザートの販売を中断したほか、各イベントの贈呈品の対象からも日本製品を除外している。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 食品・飲料

その他記事

すべての文頭を開く

【日韓対立】日韓は分業体制の維持を 輸出管理の厳格化から1年(中)(22:06)

新型コロナ感染者、48人増の1万3137人(11:37)

創業企業の製品購入、公共調達で義務化へ(16:28)

東京応化、韓国でEUVレジスト量産か(16:29)

LG電子、巻き取り式スマホ開発か(16:46)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

テイクオフ:子育ては子どもから愛と…(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン