• 印刷する

リトル東京北側の国有地、年内再開発

フィリピン政府は、マニラ首都圏マカティ市にある日本食街「リトル東京」の北側に位置する国有地を再開発する方針を示している。マカティ地下鉄の駅設置計画も視野に、官民連携(PPP)方式で4区画に分けて事業を進める。マニラタイムズなどが伝えた。

対象区域は、アモルソロ通りに面した低層商業物件「マイルロング・ビル」が立地する面積2.2ヘクタールの国有地。財務省傘下の民営化管理局によると、現在は賃貸物件として活用している。

同局のジェラルド・チャン局長は、地場建築・都市計画事務所のパラフォックス・アソシエーツに対し、再開発の基本計画作成を依頼したと説明。「マカティ市地下鉄の駅設置なども考慮し、住宅やオフィス、商業施設が入居する複合施設を4区画に分けて開発する」と話した。年内の着工を目指す。

政府は同国有地について、2017年8月に不動産開発会社のサンバー・リアルティー・デベロップメントから運営権を取り戻した。現在までに1億6,000万ペソ(約3億2,200万円)の収益を得ている。賃貸面積は12万5,607平方メートル(309区画)に上り、現在は全体の約7割に相当する219区画に128社が入居している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:週末のマニラ湾沿いでは…(09/19)

中国10社、46億ドル投資 ミ島に製鉄所、車両など幅広く(09/19)

東南アの訪日者、8月は5カ月ぶり2桁成長(09/19)

日本電計など15社、測定器の展示会開催(09/19)

サンミゲル、新マニラ空港建設で正式契約(09/19)

債券市場の成長率、アジアで2位=ア開銀(09/19)

軍基地の通信設備、中国系排除は競争法違反(09/19)

港湾業者の認定制度、業界団体が批判(09/19)

発電フィンマ、再エネ事業に20億ドル投資(09/19)

カガヤン経済区庁、仮想通貨業者の業務停止(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン