• 印刷する

太陽生命保険、合弁会社への35%出資完了

太陽生命保険は22日、ミャンマーの生命保険会社であるキャピタル・ライフ・インシュランスへの35%出資を完了し、関連会社化したと発表した。ミャンマー政府の最終承認を得られ次第、合弁事業で生保の販売を始める。

太陽生命保険の出資額は106億チャット(約7億6,000万円)。同社の株式保有比率は、ミャンマーの会社法で国内企業とみなされる外資出資の上限である35%となる。

太陽生命保険は2012年にヤンゴン駐在員事務所を開設。ミャンマー政府が今年1月、保険分野の外資開放の手続きを正式に公表したことを受け、キャピタル・ライフとの合弁申請を提出し、7月末に承認された。

ミャンマーでは、太陽生命保険のほか、日本生命保険とタイのタイライフ・インシュランスの生命保険2社、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険の損害保険会社3社が地場保険会社との合弁で事業を開始する見通し。タイライフには、明治安田生命が15%を出資している。

また、第一生命と、香港のAIAグループ、スイス系のチャブ(Chubb)、カナダ系マニュライフ、英国系プルデンシャルの5社が、全額出資の生命保険会社の設立を認可されている。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

外出規制、一部緩和で6月15日まで延長(05/29)

国内線の再開続く、エア・タンルウィンも(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

コロナ逆風も6社目が上場、ヤンゴン証取(05/29)

中小旅行会社の8割、打撃深刻=観光省調査(05/29)

国会、コロナ対策で円借款の活用準備を承認(05/29)

ダラ大橋を設計変更、韓国から追加借款へ(05/29)

市中感染10日連続ゼロ、累計206人=28日朝(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン