パイプラインAPA、米国で資産買収に本腰

オーストラリアのパイプライン大手APAグループは、米国での資産買収にあらためて本腰を入れるようだ。先月最高経営責任者(CEO)に就任したロブ・ウィールズ氏は、世界最大のガス市場である米国で足場を築くため、「長い候補リスト」を吟味していると述べた。地元各紙が伝え…

関連国・地域: オーストラリア米国
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

東急建設、BIM強化へ海外企業買収(20:17)

5月の豪クレカ債務が急減、13年来の最低に(18:33)

豪観光業1Qに60億$損失、今後さらに悪化(18:33)

産出国なのに高い?豪のガス価格は世界18位(18:33)

テイクオフ:ビクトリア州で新型コロ…(07/08)

メルボルン、6週間再封鎖へ NSW州境はきょうから警備強化(07/08)

NSW観光業が回復、VICスキー場は閉鎖(07/08)

カンタス、メルボルン発着便を7月中減便(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン