• 印刷する

テイクオフ:祝日を前に、ブルゴス通…

祝日を前に、ブルゴス通りは浮ついた人々であふれていた。騒がしい界わいを抜け裏路地にたたずむ中華料理店に入る。「懐かしい味だ」と本土で4年過ごした日系駐在員は一口目にうなった。円卓を4時間囲む日本人集団をよそに、中国客は次々と出入りしていく。

この3年でマニラの景色は大きく変わった。経済成長だけでなく、他のアジア同様、中国語のネオンが至る所に目に付く。パサイの湾岸地区では、商業施設の周囲に林立するコンドミニアムの住民の多くが若い中国人だ。ビノンドに次ぐ第2の中華街が形成されつつある。

中国人急増の主な要因、オンラインカジノはいま、全面的な禁止が検討されている。徴税漏れや不法就労の摘発を受け、就労許可や法規制の見直しに加え、営業免許の申請受付も停止された。オフィスやコンド需要を支える彼らが撤退した場合、街はどう変化するのだろう。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝テレビを付けると20…(11/12)

進む高齢化、地域共生で対策 東南ア「発展途上の老い」(上)(11/12)

完成車輸入に制限措置要請 100万台流入、雇用損失を危惧(11/12)

三菱自、累計生産が70万台に(11/12)

FDI純流入額、1~8月は40%減=中銀(11/12)

基準外鋼材流入で実態調査へ、貿産省(11/12)

フェデックス、ア太地域拠点の移転否定(11/12)

実業家ルシオ・タン氏の息子が死去、53歳(11/12)

共用通信塔の建設進む、年内に500基着工(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン