• 印刷する

《日系進出》バンダイナムコ、北京にVR施設

アミューズメント施設運営のバンダイナムコアミューズメント(東京都港区)は22日、VR(仮想現実)アミューズメント施設「VR ZONE BEIJING」を今秋にも北京市の朝陽公園内にオープンすると発表した。海外8カ所目のVR ZONEで、中国では初となる。

エンターテインメント事業を手掛ける星葆国際文化伝媒(北京)と北京におけるVRコンテンツのフランチャイズ契約を通じて開業する。

VR ZONE BEIJINGの施設面積は約1,700平方メートルで、日本でも人気の高い12種類のVRゲームを含む計13種類のアトラクションを設置する予定。

バンダイナムコアミューズメントは、星葆国際文化伝媒との協業に至った理由について「知的財産(IP)とVR技術を融合させたオフラインエンターテインメントの開発に注力するなど、当社との親和性が非常に高いと感じたため」と説明。また、中国でのコンテンツ開発や施設運営のノウハウを有する点も評価した。

バンダイナムコアミューズメントは同様のVR施設を日本では21カ所で展開。海外では韓国、英国、米国、フィリピンに計6カ所を設けており、近日中にマカオで7カ所目のオープンを予定している。


関連国・地域: 中国-北京日本
関連業種: IT・通信観光メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

新型肺炎の死者2744人、感染者7万8497人(17:27)

NZ1月貿易赤字1億$、中国輸出は大幅増(17:23)

商船三井と大宇造船、ICT船舶管理で協力(15:50)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

中国との国境貿易が半減 新型肺炎、正常化めど立たず(02/27)

バンビエンの観光客が減少、新型肺炎で(02/27)

海外からの入国者隔離の動き 山東省各地で、日韓など対象(02/27)

【肖像】台湾初の無人縫製工場 意創坊国際の陳志軒董事長(02/27)

韓国大邱からの入国禁止 新型肺炎急増で、全土に拡大も(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン