日米向けエビ輸出額が減少、供給拡大などで

インドネシア産エビの主要輸出先である米国と日本への輸出額が減少している。世界的な漁獲量拡大によって取引額が低下していることなどが背景にある。エビはインドネシアの海洋・水産物の輸出額のうち3割以上を占める主要品目。21日付ビスニス・インドネシアなどが伝えた。 海洋…

関連国・地域: インドネシア日本米国
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

投資阻害の法律72本を改正し一本化へ(20:58)

統計局、来年の国勢調査でデジタル技術活用(21:25)

テイクオフ:インドネシアの首都の移…(09/13)

トヨタ、新型カローラを発売 HVタイプを販売全体の15%目標(09/13)

第3代大統領のハビビ氏死去 独裁政権から民主化へ移行を実現(09/13)

過積載の取り締まり強化、道路交通法改正へ(09/13)

ボーキサイトなども禁輸加速を検討、調整相(09/13)

新車検査施設を23年までに拡張、EV対応で(09/13)

五菱が完成車輸出、年内にタイへ1000台(09/13)

双日と大阪府提携、東南ア2カ国進出で優遇(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン