日米向けエビ輸出額が減少、供給拡大などで

インドネシア産エビの主要輸出先である米国と日本への輸出額が減少している。世界的な漁獲量拡大によって取引額が低下していることなどが背景にある。エビはインドネシアの海洋・水産物の輸出額のうち3割以上を占める主要品目。21日付ビスニス・インドネシアなどが伝えた。 海洋…

関連国・地域: インドネシア日本米国
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

公共事業省、来年度案件の入札を前倒し(16:39)

テイクオフ:コロナ対策の行動制限が…(11/26)

レクサスEVを東南アに投入 トヨタ、国内で初の電気自動車(11/26)

米カーギル、東ジャワの新工場に1億ドル(11/26)

2030年の天然ガス産出量、目標達成は困難(11/26)

フリーポート製錬所の規模縮小、政府が合意(11/26)

損保KBZ MS、金融インターパンと提携(11/26)

企業の88%が新型コロナで損失、労働省調査(11/26)

RCEP、インドネシアの関税撤廃率は91%(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン