QR決済の上限額を設定 1回200万ルピアに、中銀規定

インドネシア中央銀行は21日、QRコードを使った電子決済システムは、決済額の上限を1回200万ルピア(約1万5,000円)に設定すると発表した。中銀は、これまで決済サービス事業者が別々に作成していたQRコードの規格を統一するために、統一規格「QRコード・インドネシア・ス…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今月初めにツイッターで…(01/27)

【食とインバウンド】問われる日本のサステナブル(01/27)

コロナ感染者累計100万人超 2カ月で倍増、検査態勢など強化(01/27)

新投資公社、海外から100億ドル出資へ(01/27)

雇用創出法の細則規定、政令8本を追加へ(01/27)

カユアグン―パレンバン開通、スマトラ高速(01/27)

ANA、成田便運休を10月30日まで継続(01/27)

30年にガソリン輸入停止へ、エネ鉱省(01/27)

石炭協会、ロイヤルティー14~20%を提案(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン